光インターネットの工事とは?

光インターネットの工事ってどんなことをするの?

光インターネットをはじめて導入するときには工事が必要になります。

 

ADSLより光ファイバーのほうが契約者数が多い時代ですから、一戸建てでなければすでに回線工事が終わっているという建物も増えてきてはいますが、工事の申し込みをこれからするという方もまだまだいらっしゃると思うので、どういう流れで行われるのか見ておきましょう。

 

工事の内容は

 

  1. 電柱から建物までの光ファイバーケーブルの引き込み
  2. 建物の外から室内への引き込み
  3. 回線終端装置というものを室内にセッティングしてテスト

 

以上のようになっています。

 

全部NTTがやってくれるのですが、工事に立ち会いが必要になります。お仕事をされている方の場合、平日は難しいと思いますが、土日祝日に調整することもできるので大丈夫です。

 

一番気になるのが、壁に穴をあけたりする必要があるのかどうかなのですが、電話線の配管を共用できるかどうか、エアコンダクトを使用できるかどうかという2段階を経てそのあと、壁に穴をあけるかどうかという選択肢になるのでだいたいの場合大丈夫のようです。実際に穴をあける前には必ず確認が入るはずです。

 

あとは、室内に通った配線を、回線終端装置というものにつなぎます。マンションタイプで契約をする場合は、この作業だけで終わる場合がほとんどです。

 

そのあと、接続チェックが終われば工事完了です。光電話がつながっていれば、接続テストなどをやってくれます。

 

あとは、無線LANルーターなど必要な機器を取り付けたうえで、ネットに接続しましょう。

 

矢印

ランキングボタン


4万円以上が【確実】にもらえるって本当?

ひかり回線

0001

矢印

申し込み

光インターネットの工事は何をするの?【仕事は休まないとダメ?】関連ページ

光インターネットプロバイダの選び方
光インターネットプロバイダは、料金・サービス・サポートといろんな選び方がありますが、あなたはどれが一番重要ですか?ほとんどすべての方が料金は気になるハズですが、せっかくの光が台無しになるようなサービスでも困りますよね。
光インターネットプロバイダの申し込み
光インターネットのプロバイダの申し込み方法に関するページです。無料期間を延長させるためにネットで申し込みをしたほうがお得ですので、その方法も解説します。NTTの公式から申し込むとプロバイダパックという便利なプランもあり。
光インターネットプロバイダの乗り換え
光インターネットのプロバイダ乗り換え方法に関するページです。ADSLなどから光に乗り換えるときに手続きを間違えて余分なお金を払う必要がないように気を付けましょう。ただ、光の工事は少し時間がかかるのでそこだけは注意しましょう。

光回線最安値TOP 総合ランキング 料金・価格比較 キャンペーン情報 おすすめ&人気